飛蚊症の治療法や期間、費用など

飛蚊症の治療法や期間、費用など

飛蚊症そのものは、現在では自然に回復するのを待つのが一般的です。ただ、網膜はく離などの眼病の初期症状として現れた場合は、眼病の治療をする必要が出てきます。

 

逆に、飛蚊症のみの治療をすることで、合併症により網膜はく離になるケースもあり、日本では飛蚊症だからといって治療をすることはまずないといっていいでしょう。ここでは、眼病による飛蚊症の治療を受けるときに必要な期間や費用などについてお話します。

 

レーザーによる治療

 

飛蚊症の治療とはいっても、厳密には飛蚊症の症状から網膜はく離などを起こす危険性があるため治療をするという流れで手術が行われます。ときには、手術を受けたのに飛蚊症は治らなかったとクレームをつける人もいます。

 

そもそもの目的は眼病のリスクを低減させることですから、飛蚊症を治すための手術ではないことを認識しておきましょう。手術は硝子体の濁りを取り除くという物理的方法で、アメリカではかなり前からレーザー治療が行われています。

 

ただし日本での普及にまでは至っていない状況で、現状の日本では硝子体の治療を行うことで網膜はく離のリスクを高めてしまう可能性が懸念されているため、滅多に行われないのです。手術が行われるとしたら、健康保険が適用されますから3割負担なら7万円前後で治療を受けられます。手術自体は数時間かかるかかからないか程度とはいえ、眼科医にとって非常に神経を使う手術だともいわれているため、医師の腕にもよるでしょう。

 

若い人の飛蚊症の原因は不明?

 

最近増えている若い人の飛蚊症には、原因不明のものも多いといいます。本人は何か見えて不快だと訴え、ノイローゼのようになってしまうことがあっても、生理的なものだと捉えて自然に回復するのを待つのが一番だと診断されることが多いのです。

 

ストレスや疲労が原因となることもある飛蚊症ですから、現代人にとっては悪因となる要素は多いはず。目を休める時間を増やして、栄養をしっかり摂ることが飛蚊症の回復につながるでしょう。