飛蚊症の症状と見え方はどんなもの?

飛蚊症の症状と見え方はどんなもの?

飛蚊症とは、目の中にある硝子体が何らかの原因で濁ることから引き起こされる症状です。病気の兆候として起こることもあり、蚊のような虫や糸くずが目の前に飛んでいるような現象が起こることをいいます。ここでは、飛蚊症の症状と見え方についてお話しましょう。

 

目を動かしても浮遊物がついてくる

 

飛蚊症の症状は、常に目の前に虫のようなゴミのようなものがチラついているように見える状況です。目を違う方向に動かしても浮遊物がついてくるので、常に何か汚れが見えるような状態が気になって仕方がなくなるでしょう。先天的なもの、疲れや老化などの生理的なもの、眼病の前兆としての病的なものと原因も様々で、ある日突然飛蚊症に陥る人も珍しくありません。

 

病気ではない場合は自然に回復するのであまり神経質にならないようにするのが一番なのですが、病気が原因になっている場合は治療が必要です。ですから、病気かどうかを切り分けるためにも、早めに眼科に行って診断してもらうことが大切なのです。

 

ストレスで悪化?

 

飛蚊が目の中に見えるというのは、硝子体に濁りが出てしまうためです。レンズに曇りや傷がついて影が差すのと一緒で、実際にゴミや虫が入っているわけではありません。ですから硝子体の濁りが取れるまでは飛蚊も解消しないのですが、生理的な原因の場合は自然に回復してくるのが一般的です。老化現象の場合は、ある程度はあきらめるしかないかもしれません。

 

ただ、老化の進行を食い止めたり、疲労を回復する方法は、現代ではいくらでもあります。飛蚊症で自然治癒を待つように医師に指導されたら、眼精疲労の回復や目の老化の加速を遅らせることに努めてみるといいでしょう。

 

例えば、目を休める、目を疲れさせることばかりしない、目にいい栄養を摂るなども一つの方法です。ストレスが原因となることもありますから、気にしないように努めるのも効果的です。